ハンドルネームはいつまでにどーやって決める?

目安時間:約 6分

こんにちは。

 

インターネット上で情報を発信しようとしたとき、

 

まずはじめに決めなければいけないのが『ハンドルネーム』。

 

決めてしまえば諦めがつきますが、決めるまでにはイロイロ迷いが生じます。

 

 

「さあ!ブログを始めるゾ!」と意気揚々とPCの前に向かったはいいものの、

いざ、どんなハンドルネームにしようかと思った時点でもう手が止まります(早っ)

決してゲッソリするほど考えないでください(笑)

 

 

つけ方に決まりはないからどんなでもいいんです。

 

例えばは当初「ミラ」というハンドルネームにしました。

 

始めて購入した車の名前が由来です(笑)

 

なんともテキトーなハンドルネームの付け方でしょ?

 

ですが訳あって後に「えるこ」に変更しました(後に説明します)

 

せっかくブログを始めようと決めたのに

こんなところで無駄な時間は使いたくないし、

名前なんて付けてしまえば「その人の色」になっていくと思ってるし、

 

時間をかけて決めたところで「やっぱりあっちのほうがよかったかなぁ」

なんて思いがなくなることはないでしょうよっ、って思うんです。

 

でもこんなワタシですが、テキトーに決めたものの、

気持ち的にこだわった点があるんです。

 

 

ハンドルネームつけ方のコツ

ではワタシがハンドルネームを考えた時の指標を参考までにご紹介しますね♪

 

表記の仕方

まずは『表記の仕方』。

 

ひらがなにするか、カタカナにするか、漢字にするか、
それともカッコよさ可愛さをもとめてローマ字にするか。

 

ローマ字にするなら大文字?小文字?それとも頭文字だけを大文字に・・・(;´Д`)キリガナイ!

 

そこで第一のポイントは『読みやすさ』、そして

 

第二のポイントは『変換のしやすさ』に置きました。

 

オシャレなハンドルネームにしたくてローマ字表記にすると、

入力時に動作が一つ増えますよね?

 

それってめんどくさいなーっていうのが一つ目。

 

読みやすさ

読みづらいがために何て読むのかを毎回毎回聞かれたら・・・

 

説明している場面を想像するとめんどくさいなーっていうのが二つ目。

 

なるべく『かぶり』を避けるために

テキトーに決めたら実はもう同じハンドルネームの人が存在していた!

 

なんてことが起こります。

 

現にワタシが「ミラ」から「えるこ」に変更した理由は↑コレ(笑)

 

なので、候補のハンドルネームで検索をかけて、

同じ名前のアフィリエイターさんがいないかを

確認するいうのが三つ目。

 

絶対的にかぶっちゃダメ!なんてことはないですよ。

 

実社会でも普通に同じ名前の人はたくさんいるわけだし。

 

ただ顔を確認する機会が少ないネットの世界だと
「どちらの〇〇さん?」となることもあるのかなーと・・・。

 

思ったので、一応私はそれも考慮しました^^

 

上記三つを考慮したうえでミラ改め『えるこ』としました。

 

これなら変換がしやすいし、
読み間違えられることもないでしょ?(´ρ`)プププ

 

 

 

自分の普段の下の名前でも良かったんですが、

 

今までの自分の人生になかったバーチャルな世界に

これから新たに自分のフィールドを作っていくんだ

 

ってことで、せっかくだから新たな名前にしようということで

普段の名前をハンドルネームにするのはやめました。(つまんないしぃ~)

 

 

 

ということで、ブログやネットビジネスに興味を持ち始めたあなたや

これからもブログ閲覧専門に徹するという方も

使うことになるかどうかは別として、

 

自分に「ハンドルネームを付けるとしたら?」

 

と考えてみてはいかがでしょう?

 

なかなか楽しいもんですよ^^

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
よく読まれている記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報