ダウンロードとインストールの意味と違いについてわかりやすく例えてみた

目安時間:約 8分
ダウンロードとインストールの違い

こんにちは。

 

パソコンを使い始めて、かれこれ軽く20年以上経つえるこです^^

 

「20年以上」なんて聞いたらまるでプロフェッショナルのように聞こえますが、

全くそんなことはありません。

 

Windows95が初めて我が家に登場した頃は電話から「ダイヤル回線」を引っこ抜き、

パソコンに繋いで使うという・・・

 

今じゃ考えられませんよね(笑)

 

だって、パソコンに繋いでいる間はずーっと「誰かに電話をかけている通話状態」。

 

電話代が気になって気になって、落ち着いて使っていられなかったんですよ(笑)

 

 

昔はパソコンが一家に一台もないのが当たり前でして、

 

当初なぜ我が家にパソコンを設置したかというと、

 

1.旦那がパソコンを使う仕事に転職したこと

 

2.これからの時代の流れについていくための先行投資

 

この2つが大きな理由でした。

 

ワタシは高校生の頃にワープロ検定を受けていたことで、

幸いにもキーボードに慣れていたため、それほど拒絶反応も出ず、

 

我が家はすんなりパソコンが家にある生活が浸透していきました。

 

ですが、時々あらためて「?」と思うことがありました

 

パソコンに関する用語で、ニュアンス的に理解しているけど、

いざ意味を説明するとなるとわからなくなることがあるんですよね。

 

その代表格が「ダウンロード」と「インストール」

 

 

「これをダウンロードしたらあーしてこーして・・・」

 

と言われれば、ダウンロードできるんです。

 

そして、

 

「これをインストールしたらあーしてこーして・・・」

 

と言われれば、インストールできるんです。

 

だけど、「ダウンロードとインストールの意味の違いって知ってる?」

 

と聞かれたら答えられない自分がいます。

 

そこで、20年の時を経て、やっと調べてみました。

ダウンロードの意味

ネットワーク上につながっているサーバー、コンピューターから、

手元のコンピューターにファイルやアプリケーションなどのデータをコピーすること。

 

webページの表示やメールの受信もwebサーバーやメールサーバーからダウンロードしている。

コトバンクより引用

 

要は、インターネット上に欲しいデータ(圧縮されたもの)があった場合、

自分のパソコンに持ってきて保存することを言います。

 

なので「ダウンロード」だけをした段階ではパソコン内に欲しいデータがあるだけで、

まだ「未開封」の状態だということですね。

 

 

ダウンロードの反対はアップロード

逆に相手のコンピューターにデータを送ることを「アップロード」といいます。

 

 

インストールの意味

ソフトウェアをコンピューターに追加して、利用できる状態にすること。

「セットアップ」も同じ意味で使われることが多い。

 

インストールのためのプログラムを「インストーラー」という。

コトバンクより引用

 

つまり、ダウンロード(自分のパソコン内に持ってきて保存)したデータ圧縮されたものを、

自分のパソコンで使えるようにする(解凍)こと。

 

インストールをしてはじめて「使える状態」になるということですね。

 

インストールの反対はアンインストール

インストールしたプログラムを削除することを「アンインストール」といい、

そのためのプログラムを「アンインストーラー」と言います。

 

 

実際にみんな違いを理解して使い分けているのか?

こうやって説明すると違いがあることがわかります。

 

じゃあ実際に「ダウンロード」や「インストール」の意味や

違いをしっかり理解したうえでみんな使ってるの(?_?)

 

ここに関しては、みんなではないとワタシは思っています。

 

だいたいの人は会話の中で「ダウンロード=インストール」くらいな感じで使ってるんじゃないですかね?

 

確かに仕事なんかで「これをダウンロードして・・・」と指示されたとして、

 

「ダウンロードだけして終わり」ってことはないですよね^^;

 

会話の中で「これをダウンロードしてインストールしてあーだこーだ・・・」

と言われると、なんだか言葉がしつこいし、

 

「私はダウンロードとインストールの意味の違いを知ってます」的なオーラを感じて鼻につく気がするし(笑)

 

ま、ここは臨機応変にということで!

ダウンロードとインストールの違いをこんなふうに例えてみた

言葉の意味は聞けば理解できるけど、

よりイメージしやすくするためにわかりやすく例えてみますね。

 

楽天市場のページを見ていて、「これ欲しい~っ!」と思う商品を発見!

=インターネット上に欲しいデータ(圧縮されたもの)があった

 

注文して商品が到着!

=ダウンロード完了!

 

インターネット上に欲しいデータ(圧縮されたもの)があった

 

商品を開封していつでも使える状態にしたよ!

=インストール(解凍)完了!

 

開封後の小包

 

とまあこんな感じですかね?実に単純♪

 

 

 

 

あと、yahoo!知恵袋でこんな面白い例えを発見しました。

 

おいしそうな冷凍ピラフがあったので買って帰ることを「ダウンロード」といい、

 

チンして食べられるようにすることを「インストール」といいます。

 

これもなかなかわかりやすい「例え」ですよね(笑)

 

 

みなさんもそれぞれにダウンロードとインストールの違いを色々考えてみると、

知らないうちに違いをしっかり理解できている体になると思いますよ~^^

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
よく読まれている記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報