wordpressでリビジョンが表示されない?表示方法と見方や復元の手順

目安時間:約 8分
増えるリビジョン

こんにちは、えるこです。

 

ブログの記事を書いている時、

 

気の向くままに修正していたら収集つかなくなってきた!

 

5分前の記事に戻したいよー!

 

なんてことが初心者には起こりがち。

 

なぜ初心者かって?

 

それは脱初心者の人は、ブログの記事はテキストエディタなどに下書きをして、

 

出来上がったものをコピペして投稿するから!

 

ワードプレスに直接書き込んでいて、何かしらのトラブルでデータがクラッシュした!

 

なんていう不測の事態に備えてこういうやり方をするそうです。

 

ワタシも今はそのようにしているものの、

 

ブログを始めたばかりの頃は、あまり深く考えずに直接書き込んでいたんですね^^;

 

まさに気の向くままに、なんの計画性もなく、話の着地点もわからないままに

 

つらつらと記事を書き連ねていたわけですよ。

 

するとたまに、どんどん深みにハマって

 

話の着地点がなーーーいっっ!!

 

と焦り出しました。そしてそんな時、

 

10分前、ううん、5分前でいいからあの頃に戻りたい・・・(-_-)

 

と途方に暮れた時に救いの手を差し伸べてくれるのが、そう!

 

リビジョンだったんです!

 

 

「リビジョン」は、記事の下書き保存や投稿、更新をするたびに更新履歴を保存してくれるとっても便利な機能。

 

ということで、どういう時にこのリビジョンが役に立つのかをご説明しようと思いますが、

 

「リビジョンってどこにあるの(?_?)」

 

という方のために、リビジョンの表示方法からご説明しますね。

 

wordpressでのリビジョンの表示方法

 

まず何の記事でもいいので、wordpressのダッシュボードから

「投稿の編集」画面を開きます。

 

 

 

すると画面右上に、「公開」というタブがあり、その中の

 

「リビジョン:〇」の右にある「表示」をクリックします。

 

 

ここで最新のリビジョンと過去のリビジョンを比較することができます。

 

リビジョン比較の見方と復元方法

 

リビジョン比較の画面が表示されると、

右に最新のリビジョンと、左に一つ前のリビジョンが表示されます。

 

 

画面中央上の位置にある「バー」でわかりますが、

 

この記事はそれほどリビジョンが5つある状態なので、
復元ポイントは①最新のリビジョンの他、②~⑤の4つということになります。

 

この数は特に指定がない限り、記事を修正したり更新したりすることで増え続けます。

 

今の状態は単純に「最新」の新リビジョンと「一つ前」の旧リビジョンが表示されていますが、

 

例えば「二つ前」のリビジョンが見たい場合には、

画面右上にある「2つのリビジョンを比較」にチェックを入れます。

 

 

すると中央のバーにポインターが2つ表示されるので、

そのポインターを比較したい2つの記事のリビジョンに合わせます。

 

 

そして画面をスクロールしていくと、

違う部分がピンクと緑で色付けされ、どこをどのように修正したかがわかるようになります。

 

 

復元したいリビジョンを見つけたら「新リビジョン」に表示させ、

右にある「このリビジョンを復元」ボタンをクリックします。

 

 

これで記事が過去のリビジョンの状態に復元されます。

 

もう一つのリビジョン比較方法

 

先ほどまでの方法は「リビジョン比較」の画面を表示させて、実際に記事の中身を見比べるという比較方法でしたが、

 

「とにかく〇分前に戻したい!!」

 

という場合にはもっと簡単な方法があります。

 

「投稿の編集」画面を一番下までスクロールすると

 

「リビジョン」がズラーッと並んでいます。

 

 

(※先程とは違う記事のリビジョンです)

 

 

一番下までスクロールして、もし「リビジョン」が表示されていない場合は、

 

画面の一番右上にある「表示オプション」というタブをクリックします。

 

 

すると下のようなボックスが表示されるので、「リビジョン」にチェックを入れると表示されます。

 

 

(※使用しているテーマによっては表示オプションを開いてもリビジョンがない場合がありますので、テーマ作成者に問い合わせてください。)

 

 

 

話を戻しますが、ズラーッと並んだリビジョンから「コレ!」というリビジョンが見つけ出せたら

 

あとはその日付をクリックすれば、先ほどの「リビジョン比較」画面が表示されます。

 

さいごに

 

リビジョンはブログ運営を始めたばかりで、まだちゃんとした作業の流れが定着していない場合には頼りになる機能です。

 

ですがリビジョンを長い間放置し続けると、ブログ運営に悪い影響を与えてしまいますので、

 

リビジョンに頼る回数がほぼなくなった方、

 

または何日前までのリビジョンを置いておけばいいかが感覚で理解できた方は、

 

次のステップとして、リビジョンの削除とデータベースの最適化に進みましょう!

最近の投稿
よく読まれている記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報